MENU

Nobie

Nobie (ノビー)
vocal, compose, percussions
福岡県出身。
2歳からバイオリン、7歳からピアノを習い始め、 両親の影響で幼少時から Soul、JazzなどのBlack Musicを聴いて唄って育つ。
2003年、東京大学薬学部薬学科卒業。 在学中にブラジル音楽にも目覚め、 MPBの黄 金期を支えたベーシストLuizão Maia*のバンドに誘われフロント・ シンガーにな る。 大学卒業後はファーマシスト&シンガーとして音楽活動を 始める。
2008年より、Soil & "Pimp" Sessionsのピアニスト丈青らとのバンド (Alma plus) に参加。
2009年、プロデューサー宮田茂樹の仲介でトニーニョ・オルタに出会い、 彼のアル バムにシンガーとして請われ初渡伯。アルバム 「MINAS - TOKYO」で三曲参加。 2010年、トニーニョ・オルタ の日本ツアーに同行。
2011年夏、自己の1stアルバム「Primary」をリリース。
2013年夏には amp'box labelよりプラッサオンゼでのライブ盤を配信リリース。
片倉真由子(p)、太田朱美(fl)とのユニット『Les Komatis』を結成し、同名のアルバム を2015年にリリース。
一児の母となり、復帰した2018年春に最新作『Bénin – Rio – Tokyo』をリリー ス。
本作では、現代の最重要ギタリストの一人で卓越したヴォイスの持ち主であるリオ ーネル・ルエケ、トニーニョ・オルタ、馬場孝喜をフィーチャーし、ブラジルもジャ ズも超えてどこへでも行ける自由度と表現力を手に、本気のグルーヴを生み出して いる。