MENU

照井利幸

OFFICIAL HP

照井利幸(Guitar&Bass)

1990年、Blankey Jet Cityのベーシストとしてデビュー。

2000年、10年にわたる活動に終止符を打ち解散。

2001年以降 ROSSO、RAVEN、TWIN TAIL、PONTIACSなど日本ロックシーンをリードするバンドやプロジェクトにおいて、独創的なベースアプローチを披露し第一線で活躍。

2008年、活動の幅を広げるべくアーティスト集団WELDを立ち上げると同時に結成したSignalsにおいて、その豊かな音楽性がさらに躍動。

2008年 Signals 1stアルバム「Lapis Sky」

2009年 Signals 2ndアルバム「光と影と人工衛星 “the light, the shadow, the satellite”」

2010年 初の個人名義ソロ1stアルバム「FLOAT」

2011年 Signals 3rdアルバム「NAKED FOOL」

2013年に広島県尾道に単身移住し、約1年をかけ創り上げた作品群は2014年発表のソロ2nd Album「What I Think About The World」として圧巻の仕上がりをみせる。

近年では、映画監督豊田利晃の作品「泣き虫しょったんの奇跡」で音楽を担当するなど表現の幅を広げている。

その全ての活動において、一貫して自身の音に徹底的に真摯に向き合う姿が窺え、その眼差しは今なお音楽の可能性・未来を見据えている。

2019年、Signalsの8年ぶりの新作となる4th Album「Moon Fiction」2部作品が遂に完成。

同年、ソロ3rd「IMPULSE」を発表。

そのほか親交の深い映画監督、豊田利晃作品「モンスターズクラブ」、「泣き虫しょったんの奇跡」、「破壊の日」などに

楽曲提供するなど精力的に創作活動を行うとともに常に自身の進化を求め、音楽の可能性を見つめている。